公私混同は厳禁!私生活で使うお金とはきっちり区別しよう

税務署からの指摘のリスク

会社を経営する上で重要となるのが事業資金と個人の資産の区別です。資金を区別しなくてはいけない大きな理由の一つに税務署からの指摘があります。資金を混同してしまうと法人、個人の納税の境目が曖昧になってしまい、税務署から疑いを掛けられてしまうこともあります。実際に地方自治体のトップがプライベートの旅行の費用と会社の事業で使った経費を混同してしまったことで、税務署から事業資金の私的に流用していると疑われたケースもあるほどです。本来支払うべき事業に関わる税金をプライベートな利用と偽って深刻をするのは脱税に当たります。例え意図的でなくてもでも法律違反をすれば罪に問われてしまうので、あらぬ誤解を招かないためにもしっかりと区別することが大切です。

銀行からの融資への影響

事業資金を公私混同する行為は、銀行からの融資にも影響を及ぼします。事業資金などを銀行から融資を受ける場合、事前に適正を見極める審査を受けなくていはいけません。審査基準は銀行によって異なりますが、特に重要視されるのがお金の使い方です。貸付する側は慈善事業で行っているわけではないので資金を回収が見込めない会社に融資はしません。しっかりと区別をしないでいると、お金の管理ができないだらしない企業と判断されてしまうこともあります。また、公私混同していることで、融資したお金を個人のために使ってしまうのではないかという疑いを掛けられかねません。お金の貸し借りはお互いの信頼の上で成り立つものです。相手に信頼してもらうための努力を怠ってはいけません。

事業資金を大阪で貯める事は可能です。大阪であれば融資を受けられる銀行も多くありますので事業資金を用意できます。